社員が辞める理由は「人間関係の問題である」ことはわかっている。

給料が多少安くても、仕事が面白ければOKな事もわかっている。

仕事の面白さや「能力適正」より「周囲との関係性」が重要なのではないか?

これについて考えてみたい。
だって、向いてる仕事かどうかなんて、スグにわかるはずないのに、辞めてしまうケースが多いから。

周囲との関係性って、何?

表面的には、やはりコミュニケーションの質だろう。

視点が低い若いうちは、特にそうだ。
上司の厳しい指摘を、生身の自分として受け止め、「痛い」と感じてしまうからだ。

 

ああ、もったいない。

もっと、大事な事を教えられたらいいのに。

・仕事の意義
・欲を持て
・人間の本質や弱さについて
・世界の本質と怖さについて
・競争に勝つという事の大切さとむずかしさ

 

たとえば、こういった事を普段のやりとりの中で教えてあげる。

そして、愛情と厳しさの両方をもって、大切に育てていく。

それがあったら、そうそう人は辞めないと思うのだが。

 

でも、上記のような芸当ができない事が、切実な問題なのだ。

忙しすぎる。

教育の手が、そもそもまわらない。

 

そう、教育してる余裕が、全っ然ないからね。今。

 

前の記事でも書いたけど、飲食店なんて猛烈に足りてないから。

自分で袋あけて、そのままボイラーに放り込んで、あがった奴を自分で盛り付けする世界だから。

 

それでも、その最悪状況の中において

ハートがある先輩がたった一人でも、育ってくれてて、

シンドイながらも、なんとか新人を育てあげていく、
そんな風土ができてるかどうか?

それって、経営者の人徳、もしくはパワーにかかってると思うんですよね。

経営やったことないので
偉そうな事を言う資格はないですが。

言葉で伝わらなくても、仕事姿で伝わっていくという事だってあると思う。

職人の世界は特にそうかもね。

結局はこういう事だと思う。

新入社員が辞めていく理由の多くは

人間関係だと言われている。

 

では周囲との関係性で重要なことは何か?

それは仕事の意義や重要度、競争に勝つための戦略や

会社のミッションを伝えきる言語化能力にあるのだ。