カテゴリー別アーカイブ: 未分類

ビジネスに使える任侠映画「日本統一6」ネタバレと学習ポイント

マジでハマってしまった。

日本統一が何故、こんなに面白いのか?

 

シーズン6あらすじと感想

 

親分の舎弟が刑務所から出所してくるんですが、

これが問題児で手がつけられないんです。

 

ヤクザ同士の秩序、つまり無駄に喧嘩しないで

お互いなるべく死人を出さないように

うまク調整するみたいなのがあるじゃないですか?

 

そういうルールをまるで無視して

対立してる組の縄張り内で

事件起こしたりするんです。

 

 

この問題児が下っ端ならよかったんですが

親分の舎弟、つまりオジキにあたるわけなので

付き合い方が難しいですよね?

 

しかも事情があって、自分はこのオジキから

相当、嫌われしまってる、という設定です。

 

(嫌われている理由は、これまた深刻が誤解から生じています。)

 

この難しい問題をどうやって処理していくのか?

 

というのも見どころなんですが、

それ以外にも感動ポイントが

いくつも隠れているんですよね。

 

自分なりに

面白ポイントを列記してみたんです。

 

 

そうしたら

 

 

・出世物語としての面白さ

 

・敵と味方がコロコロ入れ替わる

 

・演者の味が素敵すぎる。とくに悪役と死に役。

 

・ヤクザ映画というより青春映画に近いドラマ性

 

 

ざっと、こんなのが浮かんだ。

 

 

更に、見逃せないのは

登場人物のキャラが各自メチャ立ってる、という点だ。

 

 

順番に話します。

 

 

まず、出世物語として見てみます。

 

これはサラリーマンやセールスしてる人には

大いに参考になるハズ。

 

 

氷室という男の立ち回りがとにかく秀逸なのだ。

 

 

下っ端ヤクザと一線を画すのは、誰よりも視点が高いという事。

 

感情にまかせて突っ走るなんてことは絶対にしません。

 

喧嘩は強いですよ。もちろん。(多分、一番強いです。)

 

 

でも、自分の都合や思惑なんか置いといて、

なにもりも組の都合。

 

更に、組の都合よりも任侠としての筋道を重んじる

 

という風に価値観がハッキリしているんです。

 

なので、問題の対処の仕方もベストチョイスに近いところで

 

いつも決断しています。

 

 

更に、頭がキレてアイデアマンなので、

 

親分に何か相談された時の応酬が

 

「ほほ~う」と唸らせるものがありました!

 

 

 

冷静にロジカルに、根拠を添えて自分の意見を

 

簡潔に述べるシーンがいくつもあるんですが、

 

そのどれも見応え十分。

 

 

 

敵と味方がコロコロ入れ替わるという点ですが、

 

これ、全体としてストーリーの展開が滅茶苦茶スピード早いです。

 

 

だから飽きないで一気に見てしまうという事なんですが、

 

 

この日本統一の中では、割と頻繁に

「男が男に惚れた結果、盃を交わす」という行為が行われます。

 

結果、親分と子分が逆転したり

敵が味方につくことになったり、

 

喧嘩相手のほうから「参加に入れてください」って頼んできたり、、、。

こういう事が起きる。

 

それが、喧嘩の強さや戦力の大小だけではなくて、器量の差から

生じる逆転劇である点が、魅力なんですね。

 

 

シーズン6では大宮(親分の舎弟で問題児)が火種となるわけですが、

 

その狂犬病っぷりは半端じゃなく、単細胞ぶりからは

 

何処となく純粋さ=人間味が微かに感じられます。

 

 

その大宮の暴力性や純粋さは田村(氷室の兄弟分)にも

 

通じるところがあり、ドラマを展開させていく

 

それぞれキャストの熱演が光っていたと感じました。

 

 

 

ちょっとしたセリフの中にも、感慨深いものがあったり

 

味わい深さのようなものがあるんです。

 

 

特に、Barで酒を酌み交わしながら話すシーンでは

 

川谷と氷室の会話などからは

 

 

鎧を抜いた任侠男がつかの間、素に戻って

 

本来の顔を見せるという意味で

 

ドラマの大きな転換点に、必ず「酒」が出てくるのも

 

現実社会そっくりだなあと思いました。

 

 

厳しいヤクザ社会で生きている男たちの

 

大半は、躾がよくされていて

 

身のこなしや態度、礼節、けじめがしっかりしている点も参考になります。

 

あの位、ビシっとした態度で仕事をしていたら

 

ホストだろうが営業マンだろうが大成功すると思いますがね。

 

 

この後、まだまだ話は2転3転していきますし、どこまで続いていくのかすら

 

いまだに未定です。

 

いやあ、目が話せません。

 

 

起業のテーマが決まらない?儲かるビジネス立ち上げとは?

起業して成功したと思っても、スグにライバルに追いつかれてしまいます。

負けないためには、何が必要か?

それはバージョンアップです。

・商品

・売り方

・サービス

特に、サービスでの差別化は大事です。

商品や売り方は簡単に真似されます。

でも、サービス内容で参入障壁を作れば、それは差別化となり「あなたを選ぶ理由」になるのです。

その為に、独自の持ち味を磨き続けなければなりません。

つまり、継続して強い関心を持ち続けることのできる分野を見出すのです。

何かありますか?

ちょっとあげてみましょうか。

・映画

・漫画

・ドラマ

、、、エンタメですよね。

うーーーーん。。。。

・観光

・ドライブ

・グルメ

あ、これは面白いかも。

これをどうやってサービスに絡めていくかですが、イメージ湧きますか?

いつも情熱が持てていて、常に情報がアップデートしていける分野です。

その分野とあなたの持ち味を加味して、サービスで差別化する。

そうやってコツコツ努力を積み重ねていけば、ライバルがやってきても負けることはありません。

経営者は国士に学ぶ

 

池田純

三浦瑠璃

前澤

渋沢栄一

論語と算盤(上)() 全文をとことん読みやすく

 

楠木正成

教科書が教えない 楠木正成 (産経NF文庫)

北方謙三「楠木正成」

 

出光佐三

海賊と呼ばれた男

マルクスが日本に生まれていたら

人間尊重50年(70年)

 

福沢諭吉

『学問のすすめ』*いつか

 

新渡戸稲造

『武士道』*いつか

 

西郷隆盛

『西郷南洲遺訓』*いつか

 

橋本左内

『啓発禄』*いつか

 

吉田松陰

『留魂録』*いつか

 

宮本武蔵

『五輪書』*いつか

 

岡倉天心

『茶の本』*いつか

 

世阿弥

『風姿花伝』*いつか

 

内村鑑三

『代表的日本人』*いつか

 

幸田露伴

『努力論』*いつか

 

『歎異抄』*いつか

 

忠臣蔵